MENU

スーツ処分でゴミで捨てるとCO2が増加の一途

 

通常、ゴミを捨てると焼却されたり埋め立てられたりします。

 

スーツ処分でゴミとして捨てる場合、地方自治体によりけりですがほとんどは、「焼却」される事になるんです。そこで「CO2=二酸化炭素」が増える事になってしまいます。

 

CO2=二酸化炭素が増えると、全国で異常気象が多くなり台風が強くなり大雪が降りやすくなるんです。最近、異常気象が増えていると思いませんか?それはこれからの未来の序章にすぎません。

 

「スーツ1着の処分でガタガタ言うな!ゴミで捨てたって個人の自由!」

 

そんな痛い声が聞こえてきそうですが、その様な方はお金持ちかもですし、日本の未来を案じてない方と思いますのでこれ以上読まなくて結構です。すいません。。。

 

例えば、あなたが30才くらいとして30年後の未来を予想できますか?60才になってます、40才なら70才。。。

 

ゴミの処分方法で二酸化炭素が増える事により、異常気象や温暖化につながります。現在はこの程度ですが20年後や30年後後は誰にも分かりません。学者でも分からないでしょう。学者は5年後や10年後のうんちくを言いますが20年〜30年ですと難しいです。

 

仮にその歳になって今より強い台風と大雪そして温暖化とか乗り切れますか?ハッキリ言って厳しいと思います。度合にもよりますが。

 

それなら、スーツに限らず洋服や他の様々な物を処分する際に、他の方がそれを購入したいという需要があるんです。ですので、スーツの処分前に宅配買取を検討してみてください。現金化できます。

 

もしくは、社会貢献できる寄付という道もあります。

 

スーツ処分のtopページヘ

 

スーツ処分